EPラマン分光法にPAT追記(2月10日 ECA)

Process Analytical Technologyとしてますます利用されているラマン分光法が
ヨーロッパ薬局方の総則に追記され、今年4月から発効となります。
またPIC/S GMP 第5章に出発原料の全ての容器は確認試験をすることとの規定が盛り込まれています。
詳しいニュースソースにつきましては、ナガノサイエンス情報メールにてご提供しています。

Notice: compact(): Undefined variable: limits in /home/naganoscience/www/st/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 821

Notice: compact(): Undefined variable: groupby in /home/naganoscience/www/st/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 821