EP収載試験法の利用(案)について (9月30日 ECA)

EP収載試験法の利用ついて、もしも重大な因子がないのであれば、収載試験法をすぐに利用することができ、

後日(次の段階で)試験法の何らかの妥当性の確認をすることでよい、とすることが提案されています。

 

詳しい内容や情報ソースに関しましては、ナガノサイエンス情報メールにて配信しております。
ぜひご登録下さい。