FDAとEMAの査察相互承認 (12月21日 ECA)

FDAとEMAとの査察の共同実施や情報共有については、1999年から行われてきましたが、
このほどトランプ氏の大統領就任予定によってそれらの活動が低下し、
継続の可能性は小さくなるようです。
FDAのCDERとしては継続を望むので、US内の交渉・調整が図られています。

より詳しい内容や情報ソースに関しましては、ナガノサイエンス情報メールにて配信しております。
ぜひご登録下さい。