受け入れ時の√n+1サンプリングについて(4月4日 ECA)

カナダ当局は、条件付きで√n+1サンプリングが認められるとしてGMPのQ&Aに公開しています。
その条件は、品目の重大性、起こる不具合の度合い、納入社の過去経歴、
また統計的なサンプリング法となっていることとしています。

より詳しい内容や情報ソースに関しましては、ナガノサイエンス情報メールにて配信しております。
ぜひご登録下さい。