遺伝子組換え細胞に関わる製品に関するガイドライン改訂案(11月8日 ECA)

EMAから今年7月に遺伝子組換え細胞に関わる製品に関するガイドラインの改訂案が出されており、
1年のコメント期間となっています。
安定性試験では、臨床上に意味のある製品変化も検出できることなどとされています。

詳しい内容や情報ソースに関しましては、ナガノサイエンス情報メールにて配信しております。
ぜひご登録下さい。