医薬品の費用対効果の評価について(4月23日 日刊薬業)

4月より医薬品の費用対効果の評価制度が導入されました。有用性加算が設定されている品目について、
販売額予測が年100億円以上を対象(50億円以上は対象候補)とすることを基本として費用対効果を判断し、
その結果、有用性加算や薬価を調整する(引き下げる)する制度で、
中医協などで今後も議論になるようです。

詳しい内容や情報ソースに関しましては、ナガノサイエンス情報メールにて配信しております。
ぜひご登録下さい。

Notice: compact(): Undefined variable: limits in /home/naganoscience/www/st/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 821

Notice: compact(): Undefined variable: groupby in /home/naganoscience/www/st/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 821