1.患者様の安全(リスク)を第一に考えた経営

当社は、国内から海外の規制動向、当局の査察情報に至るまで常に安定性試験の最新情報を収集し、その情報を踏まえて製品・サービスを開発しています。
例えば、PIC/S GMPで求められている「リスクベース&サイエンスベースアプローチ」に基づき開発・設計された医薬品安定性試験専用チャンバーNSTシリーズは、国内で初めて槽内の有負荷状態におけるICH Q1Aガイドラインの分布性能を保証した製品となります。
安心して試験を実施していただく為にも、当社装置をご検討下さい。

医薬品安定性試験専用チャンバー NSTシリーズ情報はこちら

 

2.幅広い提案力

当社は、国内400社以上の医薬品メーカー様とお取引きがあります。ご好評いただいている理由は、お客様の製造している製品、受けられている査察などを踏まえた幅広い提案力。
小型安定性試験装置から安定性試験保存プロセス全体の最適化まで、ポイントを押さえつつ、ご予算に合わせた柔軟な対応で、お客様の課題を解決いたします。

医薬品安定性試験に関わるPIC/S加盟後の適合性調査当社提案事例はこちら

 

3.安定性試験の情報提供

当社は、患者様の安全(リスク)を第一に考え、経営の意思決定軸に「医薬品品質リスク」の指標を設けた独自の経営システムを導入しています。
「医薬品品質リスク」を最優先とした意思決定を行っているため、お客様が本当に必要とされる製品、サービスの提供が可能となっています。
pixta_2216244_L-W2048H1536