新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴う
お客様の拠点閉鎖等に備えた安定性試験検体保存業務に係る留意点について

2020年4月2日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、政府緊急事態宣言を通じ、お客様の拠点が閉鎖等に至る可能性も生じていると認識します。
かかる事態への備えとして、検体保存機器や温湿度等データモニタリングシステムの運用等につき、留意点を弊社webサイトに掲載します。
お客様の安定性試験保存業務の安全な継続に向けて、一助になれば幸いです。

詳しくは、naganoscience.comのNEWSに掲載しております。こちらからご確認ください。

 

200箇所同時計測可能!GMP倉庫マッピングサービスリリース

安定性試験装置の温湿度マッピングの知見を活かした医薬品GMP倉庫の温度/温湿度マッピング
サービスを新たにリリースいたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

 

国内初!有負荷状態の分布性能を保証した医薬品安定性試験装置リリース

人の生命を守る医薬品の開発・製造の為に失敗は許されない医薬品安定性試験。
ナガノサイエンスはこの医薬品安定性試験の領域に30年以上携わり、革新的なサービスを生み出し続けてきました。
そしてついに、国内で初めて槽内の有負荷状態におけるICH Q1Aガイドラインの分布性能を保証した医薬品安定性試験専用装置の開発に成功いたしました。
安定性試験成功の為に、当社装置をお選び下さい。

医薬品安定性試験専用装置の製品情報はこちら

PIC/S加盟後の適合性調査対応事例はこちら

国内シェアNo.1 ナガノサイエンスが医薬品業界で選ばれ続けている3つの理由

p_top